高血圧の原因とその治療についての基礎知識

dm_img_19

日本では約3000万の人が高血圧症と言われています。

成人男性の45%、成人女性の35%以上が高血圧になっており、生活習慣病の代表格と言われています。

特に目立った症状もなく、サイレントキラーと呼ばれています。

高血圧は最高血圧が140Mmg以上、最低血圧が90mmHg以上と定義されており、高血圧症には本態性高血圧と二次性高血圧と2つのタイプに分かれます。

日本人の9割が本態性高血圧で、その原因は不明ですが、加齢や生活習慣の乱れ、遺伝などが要因とされています。

二次性高血圧は糖尿病や膠原病などの基礎疾患をもとに発症した糖尿病性腎症、腎硬化症などが原因で発症すると言われています。

ここでは本態性高血圧の治療法についてご紹介します。

本態性高血圧の治療法

まずは食生活の改善と適度な運動です。

初期の段階であれば、長く正しく続ければ、血圧は改善されます。

つまり、薬の投与は不要です。

ところが、3ヶ月以上経っても改善されない場合は薬と併せて治療を行います。

食生活の改善では塩分の摂取量を控えることが主になってきます。

具体的には塩分の摂取を1日6g以下に抑えます。塩分の多く含んだ外食を控え、薄味を心がけましょう。

運動では一日30分以上のウォーキングを最低週に3回以上行うことが効果的であると言われています。

運動をすることによって、身体も温まり収縮した血管も拡張し血液の流れもよくなります。

また、適度の運動によってストレス解消になり緊張もほぐれ、血圧改善に効果的です。

高血圧になってしまったら、すぐに治療することが大切です。

初期の段階であればあまり心配することはなく、まずは日頃の生活習慣を見直し、改善してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ