高血圧の薬「カルシウム拮抗薬」について

カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬は、高血圧や狭心症・心筋梗塞の治療薬です。

カルシウムチャネルに結合し、血管平滑筋へのカルシウムの流入を抑制して筋を弛緩し、血管を拡張します。

効果

薬

カルシウムは主に骨や歯に分布し体を支えていますが、それ以外の組織にも微量に存在し筋肉を縮める働きがあります。

カルシウム拮抗薬は血管の筋肉に対するカルシウムの働きを抑えることで、血管をひろげ血圧を下げる効果があります。

特に心臓の血管に作用すると、心臓への血液の量が増えるため狭心症の発作を予防する効果があります。

副作用

めまい・頭痛・顔のほてり・むくみ

また、カルシウム拮抗薬の中には種類によってグレープフルーツ(ジュースも含む)薬の効果が強くなるものがあるので、注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ